MENU

公共料金をクレジットで支払ってポイントを得る方法

クレジットカード,公共料金,ポイント

公共料金をクレジットカードカード決済による方法で支払うことが出来るそうです。

 

普段から、公共料金の支払いを手払いで行っているという人は、少なからずいるようです。
口座を指定しておいて引き落としてもらったり、コンビニレジで支払うなど、人によって支払い手段は多種多様になっています。

 

コンビニで支払ったり、口座から引き落とす時には、クレジットカードのポイントはつきません。

 

一方、クレジットカードであれば、一括払いに設定することによって、
金額に応じたポイントが加算されます。

 

もちろんリボ払いでもポイントは加算されますが、その分ショッピングの利息がかかってしまいますから、あまりおすすめはできません。

 

少しでもお得にお金を節約したいと考えている場合には、クレジットカード払いにすれば、
ポイントをゲットすることができるのでお得です。

 

ポイントを貯めるメリット

クレジットカードで決済をしたことでポイントをためて、金券や、カタログ商品に交換できれば、とてもお得です。

 

ある程度ポイントがたまったら、ポイントを使ったサービスを利用すれば、
金銭面での出費が抑えられて嬉しいことばかりです。

 

今の段階で、公共料金を手払いや、口座引き落としにしているという人には、クレジットカード払いがおすすめです。

 

住んでいる自治体によってクレジットカード払いが可能かどうかは、扱いが異なるので、
まずは確認してみることからはじめましょう。

 

公共料金は定期的に支払わなければならないものなので、年間にすればかなりお得になるはずです。


公共料金の支払いはクレジットカードがおすすめ

最近は、公共料金をクレジットカードで支払っているという人がふえています。

 

クレジットカードは誰もが持っているほど普段の生活に無くてはならないものとなってきています。
クレジットカードを持っていると、ショッピングの時に現金を持ち歩かなくていいのでとても便利です。

 

クレジットカードで買い物をすればポイントが入り、ポイントを使って景品や商品券がもらえます。
近年では、ポイントをためて電子マネーに変えてもらうというサービスもあり、お得な使い方ができます。

 

ポイントを貯める方法

クレジットカードを使って、公共料金を支払うようにしておけば、特に何もしないでいても、ポイントがたまります。
今までと変わらない生活をしていても、クレジットカードで公共料金を支払うだけで、ポイントが貯まりやすくなるのです。

 

他にも

  • 社会保険料や国民健康保険料
  • 携帯電話料金
  • プロバイダ料金

などの支払いにも、クレジットカードは使えます。
家族カードなら、家族でポイントを合算できるのでより多くのポイントが貯まりやすくなります。

 

年会費不要のカードがおすすめ

最近は、色々なクレジットカードが販売されていますが、
手始めに年会費がかからないクレジットカードを使うといいでしょう。

 

カードを所持しているだけで年会費が発生するクレジットカードもありますので、
年会費については事前に調べておきましょう。

 

公共料金の支払いにクレジットカードを使い、そのクレジットカードは年会費が発生しないものにすれば、
結果的にポイント分が得になります。

公共料金をクレジット払いにする時のデメリット

この頃は、公共料金も、クレジットカードを使って支払えるようになりました。

 

公共料金の支払い方法にクレジットカード払いが含まれているかは、自治体ごとに違いますので調べる必要があります。

 

公共料金の支払いは、月々何らかの形で発生するものですから、クレジットカードのポイントがたまりやすくなります。
今では、ほとんどの人が日常的にクレジットカードを使っているため、公共料金も対応するようになったというわけです。

 

ポイントを貯めるためには、公共料金もクレジットカード払いでというのがセオリーのようになってきています。
クレジットカード払いの内容を見てみると、メリットばかりではなくデメリットもあるので、事前に確認しておく必要があります。

 

デメリットとは

公共料金の支払いをクレジットカードで行うことも弱点についても、把握しておくことが大事になります。
口座引き落としによる公共料金の支払いは、月々の支払いに割引金額が設定されていることはよくある話です。

 

銀行口座からの自動引き落としにすると、少しだけ値引きしてもらえるというものです。

 

といっても50円割引、せいぜい100円割引くらいのものでいかないのですが、
少額であっても、割引であることには無視できないことです。

 

クレジットカード払いに切り替えたときに毎月貯まるであろうポイントの価値と、この割引額とを比較してみることは重要です。

 

公共料金をクレジットカード払いにする時には、口座振替割引の方がお得だったということもあるので、
事前によく比較してみることをおすすめします。

[公共料金はクレジットカードで支払うとお得]関連情報

このページの先頭へ